スイーツ文庫『空』 空
 ――空が、降ってきたかと思った――。 高校二年生の瀬春は、少し内気な少女。家に帰りたくない時や友達付き合いに疲れた時は、ぼんやりと川原で空を眺めては心を癒していた。だがある秋の日、彼女の上に、空が切り取られて落ちてきた――?
作品紹介ページへ
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「高月ひお」作品情報
新連載 『初花の実』スイーツ文庫*作品プティまり文庫*作品
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
posted by: スポンサードリンク | - | | - |
脇役と人間と。

 「こなたに、かえる。」、初めての20代男女の恋愛ものですが、相変わらず楽しんで書きました。書いたのは、1年前の夏だったでしょうか。お読みくださる方、いらしたら本当に本当にありがとうございます。
 明と稜太郎の掛け合いと言いますか、お互いが一生懸命話している会話部分は書いていてとても楽しかったのですが、もっと楽しかったのは次回から出てくる脇役2人の関わるシーンだったりします。

 こちらで裏話をすると必ず、脇役書くのが楽しかったーと言ってますね、私は(笑)人間をどう描くか、何がよい描き方かは分からないですが、恋愛対象となる相手が与えてくれるものは当然大きいですが、そうではないけれど大切なものを与えてくれる人は(実際に現実でも)いると思うので、そういう愛しい存在を書きたいなと今は思っています。

 人間と言えば、実生活の仕事の方でまた新しい出会いがありました…!色々あって再び仕事を変えなければいけないので、転職後は更にたくさんの人々との出会いがあるのでしょう。緊張しますが、大事な緊張かな、と初めての方の前で自分を表現しながら思いました。
 以前ここで書いた素敵な方々と今みたいに一緒に仕事ができなくなることは寂しいけれど、こなたの明ではありませんが、来たばかりでこんなに素敵な人たちと知り合いになれただけでも幸せなことですよね。その分、たくさんの人と深く話せるわけですし。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
posted by: 高月ひお | 連載、既刊作品 | 00:04 | - |
新連載です。
 また携帯からの投稿になりますので短文ですが…ありがたくも引き続きの新連載を、ポケットマガジンPOP様の方でしていただけることになりました。発行に関わってくださる全ての皆様に、今日も感謝の気持ちでいっぱいです…!
 後ほど作品についてもここで少し語りたいですが、いくつかの公式ブログ様でも作品紹介をしていただけて、重ね重ねありがたく思います。

 これまた勿体無いほど綺麗な表紙絵ですが、ポイントでちょこんとカエルが描かれています。
 いつもお世話になっているイラストレーターの内田様が細部まで力を入れて描いてくださったカエルちゃん。ぜひぜひ見つけてみてください。

 それではこれから何ヶ月かの間、どうかよろしくお願いいたします。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
posted by: 高月ひお | 連載、既刊作品 | 00:28 | - |
ありがとうございました!
現在事情によりパソコンからのインターネットが一切できないので、初めて携帯から投稿します。

今週で連載中だった「初花の実」が無事に最終回を迎えることができました…!全文を最後まで、更にあとがきまで載せていただけて感激しております。1年以上にわたる長期連載だったにも関わらず、掲載し続けてくださった関係者の皆様、お読みくださった方に深く深く感謝申し上げます。
環境が環境のため、短い挨拶しかできずすみません。学んだこと、課題点を整理し、自分の糧にしてこれからも精一杯精進いたします。また次の作品でお会いできましたら幸いです。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
posted by: 高月ひお | 連載、既刊作品 | 00:45 | - |
慌ただしく…。

 中々落ち着かない環境の中で、瞬く間に日が過ぎていきます。日々のことも大切にしていきたいですが、やっぱり表現せずにはいられないので、書く時間、読む時間をどうにか確保したいところです。
 心に余裕がなくてうわーっとなってしまいそうになった時に、たまたま絵本を読みました。声に出して読んだのですが、そうしたら自然と心が落ち着いてきました。創作の力、言葉の力ってすごいんだなあと改めて感じました。

 自然のお話。立秋を過ぎた後のちょっぴり涼しい風や徐々に澄んできた空、変わりゆく虫の鳴き声など、秋のそれにはまだなりきっていない、夏なのにあやふやで脆い感じが好きだったりします。

 「初花の実」も遂に来週で最終回となります。これだけの長い期間、最後まで連載していただけて、関係の方々にもお読みくださった方々にも、感謝の気持ちでいっぱいです…!次回のブログで、改めて御礼を書かせていただきます。

 新連載もまたしていただけるようで、予告に感激しております。支えてくださる皆様のおかげであります。私に力を貸してくださるお一人であられる内田さんのイラスト、大好きなんです。いつも拙い世界に彩りと奥行きを与えてくださって、ありがとうございます!
 前にブログで蛙の声の話をちらっとしましたが、蛙がどうして鳴くのか、をこの作品を書きながら改めて調べたものでした。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
posted by: 高月ひお | 連載、既刊作品 | 01:49 | - |
連載も半分ほどまできました。

 作品をお読みくださる皆様、このブログをお読みくださる皆様、いつも本当にありがとうございます。連載中の長編「初花の実」も無事に半分ほどまで物語が進み、作者もほっとしております。連載を続けてくださる関係の皆々様にも、深く感謝申し上げます。
 前半は二人がどんな人々の中にいて、周囲を意識しつつその距離を近付けていくか、というのがメインでしたが、後半はいよいよぐぐいと!二人の仲も盛り上がっていきます。そして夏が終わり、秋、冬になるにしたがって…!?
 とにもかくにも不器用に、春の訪れに向けて一歩一歩進んでいく二人ですので、よろしければ今後もお付き合いくださいませ。

 新作の方も3月の完成を目標に、じりじりと進めています。下書きや初稿は比較的早く上がるのですが、最終推敲でううーんと頭を悩ませ、中々進まなくなったりします。設定、プロット段階で既に決まっている部分もあるのでしょうが、意外とここで何をどう見直すか、諦めるか諦めないかで少しは変わったりするのでしょうか。
 いずれにせよ後悔のないよう、今一番の、持てるだけの力で書き切ります!

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
posted by: 高月ひお | 連載、既刊作品 | 07:28 | - |
お世話になってます。
 12月の初旬といえば思い出し、振り返ることがあります。こちらに作品を採用していただいてから、これで2年が経ちました。私生活でも色々なことがありましたが、こちらでたくさんの方にお世話になって「書く」こと、電子書籍で出版していただくことをとおして、自分の人生も含めて様々なことを深く深く考えさせていただきました。
 作品を刊行していただき、お読みいただいたことはもちろん、その喜び以上にたくさんのことを教えていただきまして、多くの皆様に心より感謝申し上げます。
 私にはまだまだ時間がかかりそうですが、お話を書くのが大好きなことだけは、幼い頃から今でもやっぱり変わりません。書く場所をいただけていることをありがたく思い、一文字一文字精一杯の力でこれからも書き続けます。
 3年目も自分なりのペースですが、せっせせっせと頑張ります。今後ともどうかよろしくお願いいたします。

 「初花の実」も毎週連載していただき、お読みくださる方には重ねて感謝いたします。個人的には男主人公が自転車でざしゅっと乗り込んでくるシーンが、少年〜という感じで気に入っていたりします(笑)
 あとこれも単なる自分の好みですが、男所帯の佐倉家の兄弟や親子のほのぼの、もしくは一触即発みたいなシーンはライトノベル風味ではありますが、全部気に入っていたりします。今回の後半部分もそうですが、また後ほどにも時折出てきます。前のお話が女主人公視点のみでしたので、今回は相手役の人となりや感情ももっと書いてみたいな、と思いました。
 やっと咲いた初恋の花の実は、ちゃんと結ぶのか?よろしければお読みいただけましたら幸いです。
 
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
posted by: 高月ひお | 連載、既刊作品 | 07:13 | - |
続・みどりいろの空。
 今日も抽象的なお話になりますが、興味持っていただけましたらお付き合いくださいませ。
 以前ブログでお話した、「みどりいろの空」ってなんだろう……と、日々のあれこれに追われつつも時々考えていましたが、ひとつの答えを見付けました。
 朝や夕方近くなど太陽が低い時間帯に、薄い青色の光と黄色い光が重なって、青みがかった緑色に見える部分があることを発見しました(雲のない時ではなくたくさんの雲の間に、低い位置に見えました。写真は撮れなかったです)。
 おおお、と感動したのですが、でもこれはきっとまだ「答え」ではないんだろうなあと思いました。

 実際最初に表現したのは小さい子なので、「みどりいろの空」が私の考える「緑色」ではないかもしれないし、そもそも天にある「空」のことでもなかったかもしれない、その可能性もあるわけです。第一、特に深く考えず口走ったことで、その子の記憶からももう抜けているような気もします(心の中には、何かとして蓄積されているかもしれませんが)。
 それでもひとまず見付けたみどりいろの空は、私好みの綺麗な色でした。よく考えれば、光の三原色だし虹にだって緑色の部分はあるわけですし、この空の色も昔から目にしていたはずですよね。

 話は変わって、拙作の「空」では蒼という少年が空の絵を描き殴っています。彼は名前のとおり青い色が好きで、心を落ち着けたいからと基本的に青い色で空を描き続けていました。時にたそがれた気分で灰色の雲や夕暮れも描いていたでしょうが。
 一人で絵を描いていた彼ですが、瀬春が横に座ってからは、あの部分が緑に見えるよと言われて黄色も混ぜたりするようになるのでしょう。もしくはその逆かも。瀬春がどうして黄色を使うの?と聞いて彼に教えてもらうのかもしれません。
 それはそれで幸せな光景だなあと、今日も妄想を繰り広げていますv
 
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
posted by: 高月ひお | 連載、既刊作品 | 21:43 | - |
ちいさな発見と「初花の実」の新キャラ。
  前回の記事のほう、お読みくださりありがとうございました。でも残念ながら9月中は時間の都合がつかず、10月に入ってからしか執筆できなくて、うずうずしています…。
 その間にお話作りについて、どうしたら自分のカラーを究めつつ、もっと世界を広げられるかなーと延々考えていましたが、またふっと思いついたことがありました。
 お話を考える時にこれまで無意識のうちに使っていた私の「やり方」があったのですが、その視点を少し変えてみるだけで、発想の幅がぐんと広がって色々なお話が思いつく、という新しい方法が見付かったのです。
 所詮、私の視野と力の範囲でのことですから、大きくは変わりません。でも発想の方法と言いますか、そういうのを自己流で長く書いてきて、ここでまた新たに発見することができたことがとても爽快で、嬉しかったです。
 この方法を使ってまたお話がぽこぽこと生まれてきそうになっていますが、ひとまず心を落ち着けて、それを収束させ、一本の剣のように真っ直ぐで斬り込めるものに研いでいきたいものです。

 「初花の実」は第7話まで掲載していただきました。主役2人の前に、もう一人主要キャラが登場しました。前作のライバル役?は、主役の彼(日向)と正反対のタイプでしたが、新キャラは違う意味で反対のところもありながら、近いところもあるタイプです。
 父親世代よりも若い(でも三十路の)「大人」の男が、2人にどう関わっていくか。恋愛だけでないこのあたりは書いていてとても楽しかったし、もっと書いていたいなーと思うほどでした。お読みくださる方、いらっしゃいましたら本当にありがとうございます。

 そのほかの作品についても、拙いながらもこうして世に出していただけて本当にありがたく思います。美しいイラストにも感謝申し上げます。改めて気合を入れ、執筆に励みます! 
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
posted by: 高月ひお | 連載、既刊作品 | 17:28 | - |
新連載です。
  昨日も日記を書きましたが、連載の方が引き続き今日からスタートしていただけましたので、本日も日記をば。「初花の実」、連載していただきまして、ありがとうございます。その他の作品も色々と配慮していただき、誠に勿体無く、ありがたく思います。これからも励みます。
 今回の連載の「初花の実」は、既刊「初恋ガーデン」のその後のお話となります。私の場合、タイトルは内容(またはテーマ)そのものをつけていますので、今作はガーデンの時よりもテーマや関係が少し変化したため、タイトルの方は変更しました。
 前作の表紙の風景写真も2人の居る穏やかな空間を象徴しているようで素敵だったのですが、今回は表紙に人物イラストまで描いていただけて大変感激しております。2人の距離感が見事です。

 「初恋ガーデン」はありがたくもデビュー作で、短編として書いたものです。ですが主役2人が自分でも気に入って、自分の中で動き出して止まらなかったので、続きを書きたくなりました。そして2人だけでなく脇役の兄弟も好きなんだろうということは、読み進めていっていただければ分かるかと思います(笑)
 今までの連載の中では最長のものですし、恋愛以外のテーマや内容も含み、語り出すときりがないので、また少しずつここでつぶやくつもりです。よろしければどうかお付き合いくださいませ。

 なお、前作にはなかった相手役視点の回も何度かあります!
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
posted by: 高月ひお | 連載、既刊作品 | 21:24 | - |
花火の炎、恋の炎。
 8月を迎えました。先日、家から花火が見えました。久しぶりに見ました。こんなに綺麗だったんだと感動しました。

 1年前の今頃、「ワスレヤハスル。」の連載を始めていただきましたが、早いものです。作品をお読みくださる皆様、お世話になっている皆様、いつも本当にありがとうございます。これからもじっくりと書いていきたいです。
 「ほおずき姫」も今週で最終回かと思われます。個人的にはラストシーンが気に入っていたりします。最後までお読みいただければ幸いです。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
posted by: 高月ひお | 連載、既刊作品 | 22:10 | - |